イランの女子アーチェリー選手、デモ参加で視力失うも「後悔ない」

AFP:Agence France-Presse

【1月25日 AFP】イランで反体制の抗議活動に参加して撃たれ、左目の視力を失った女子アーチェリー選手のコサル・ホシュノディキアが、「後悔はない」と語った。
≫続きを読む

Read More 

Generated by Feedzy
タイトルとURLをコピーしました