ウクライナ軍、占領下のマリウポリにミサイル攻撃 ロシア任命の市長が主張

CNN:Cable News Network

ロシアの占領下にあるウクライナ南部マリウポリのオレグ・モルグン市長によると、ウクライナ軍は26日、同市を長距離ミサイル2発で攻撃した。モルグン氏はロシアが市長に任命した人物。

モルグン氏はテレグラムへの投稿で、緊急対応要員が現場入りしているものの、初期情報では死傷者やインフラへの被害は出ていないと述べた。

親ロ派が自称する「ドネツク人民共和国」の当局者はこれに先立ち、市内での爆発はウクライナの…

Read More 

Generated by Feedzy
タイトルとURLをコピーしました