終末時計、過去最短の「残り90秒」に ウクライナ侵攻などで脅威高まる

CNN:Cable News Network

米科学誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ」は24日、地球滅亡までの時間を表す「終末時計」の針を進め、午前0時までの残り時間を過去最短の「90秒」とした。

終末時計の午前0時は世界の終わりを象徴的に示す。同誌は毎年、現在時刻を決定している。20~22年までの残り時間は100秒だった。

終末時計が創設されたのは1947年。当時は米国とソ連が核軍拡競争に向かっており、人類にとって…

Read More 

Generated by Feedzy
タイトルとURLをコピーしました