80歳の国民的アーティストからバトンを受け継ぐ新世代のアーティストたち [南米街角クラブ]

Newsweek|column

今年、ブラジル音楽界を代表する4人のアーティストが80歳を迎えた。 世界的に活躍した「ブラジルの声」の持ち主ミルトン・ナシメント、時代と共に作風を変え今でも現役バリバリのカエターノ・ヴェローゾ、ルーラ政権で文部大臣を務めた経験もあるジルベルト・ジル、正統派サンバを守り続けたパウリーニョ・ダ・ヴィオラ。 この4人の代表作なら若い世代も口ずさんで歌えるほど有名なアーティストである。 彼らは主に60年代から活躍し始め、1964年から1985年まで続いた軍事政権下ではプロテストソングを歌い大衆から人気を得た。もちろん、人気がある理由はそれだけではない。それまでブラジルでは作詞家、作曲家、歌手、演奏家の役割は別々であったが、4人とも歌手として活動しながら素晴らしい作品を作り上げた。つまり彼らはブラジルにおけるシンガーソングライターの先駆者というわけだ。 そんな彼らは今年で80歳と言う節目にブラジル国内外でそれぞれ積極的にコンサートを開催している。中でもミルトン・ナシメントはステージ引退ツアーとして、ブラジルのサンパウロとリオデジャネイロの他、ヨーロッパやアメリカ合衆国を回った。 そして最後のコンサートは自身が育ったミナスジェライス州で行われた。州都ベロオリゾンチはミルトンが本格的な音楽活動を始めた場所であり、生涯の友達であるクルビ・ダ・エスキーナのメンバーと出会った場所でもある。 |ミルトンのステージ引退コンサート当日 会場となったのはミネイラォン(ミネイロン)と呼ばれるサッカースタジアム。2014年のワールドカップでブラジル代表が対ドイツに7−1で敗れたというブラジル人にとっては悲劇の場所だが、その悲しみを塗り替えるように、ミルトンは6万人の観客に囲まれ、2時間半にも及ぶ最後のコンサートを行った。 私もこの歴史的コンサートを見逃すわけにはいかないとベロオリゾンチまで駆けつけた。 当日は雨の予報も嘘のように、良い天気に恵まれた。 開演前、ステージの両端に備え付けられたモニターには、今月9日に急逝したガル・コスタとミルトンが肩を寄せ合う写真が映し出されていた。 ガル・コスタはミルトンより3歳年下だが、前述した4人と同じ世代に大活躍した歌手である。ステージの幕があがる前には、ミルトンとガルが今年一緒に録音したビデオクリップがオマージュとして放送され、大きな拍手に包まれた。 モニターに映されたガル・コスタへのオマージュ(photo by Aika Shimada) そしていよいよミルトン・ナシメントの登場である。 ベロオリゾンチ出身のホナウド・フラーガがデザインした衣装は、スクラップを利用してマントを作ったアルトゥール・ビスポ・ド・ボザーリオの作品からインスピレーションを受けているそうだ。マントを背負い、椅子に座ったミルトンの手には小さなボタン式のアコーディオンがあった。 コンサートの幕開けは、ミルトンが世界中で活躍していた際に原点回帰として作ったミナスジェライスの太鼓をテーマにした楽曲から始まり、同州の農村文化について描かれた「モーホ・ベーリョ」を歌った。広大な地の素晴らしさが想像できるようなメロディと歌詞は、海岸沿いで生まれた音楽であるサンバやボサノヴァとは全く異なるブラジルの魅力を語っている。 ミルトンの作品の多くは、ミナスジェライスの田舎音楽や風景が軸となっている。ステージの最後の地をベロオリゾンチに選んだように、彼の歌には故郷への感謝の気持ちがあふれていた。 「ありがとう、ビトゥーカ」ビトゥーカはミルトンの愛称(photo by Aika Shimada) コンサートの中盤にはクルビ・ダ・エスキーナのメンバーがゲスト出演を果たすと会場は更に盛り上がり、あらためて彼らの人気を実感した。 1972年に彼らがリリースしたアルバム『Clube da Esquina』は、今年「歴代のブラジルポピュラー音楽アルバム最優秀作品」に輝いており、50年経った今でも、色褪せることはない。このアルバムは彼らの友情を描いた甘酸っぱい青春だけでなく、軍事政権であった当時の状況なども関係しており、ブラジルの歴史において重要な役割も果たしている。 ミルトンは最後に「Encontros e despedidas」(出会いと別れ)を歌い、歌手としての人生に幕を閉じた。まるでベロオリゾンチ(美しい水平線)のような伸びやかな声はもう出なかったが、全身から振り絞るような声に”生”を感じた。モニターに映るミルトンの泣き顔を見て、私も涙を抑えられなかった。会場はミルトンの愛称である「ビトゥーカ」コールで揺れていた。この様子はのちにドキュメンタリー映画となるそうだ。 |MPB(ブラジルポピュラー音楽)の黄金期が幕を閉じる こうして、ミルトン・ナシメントはステージ引退をしたが、音楽制作は続けていくそうだ。パウリーニョはツアーを始めたばかりで、カエターノに至っては新しいアルバムを引っ提げてブラジル中を回っている。先日、私もカエターノのコンサートを観に行ったが、伸びのある声と踊りを披露し元気な姿を見せてくれて嬉しかった。 歳を重ねても色気たっぷりのカエターノ・ヴェローゾ(photo by Aika Shimada) それでも前述したガル・コスタが亡くなり、「音楽家の日」である11月22日には60年代からブラジル製ロックとして大人気となったジョーベン・グアルダの中心人物エラズモ・カルロスも亡くなった。エラズモはミルトンやカエターノとは別のフィールドで活躍するシンガーソングライターだったが、彼も皆から愛される重要人物であった。ガルもエラズモも、ファンやアーティスト仲間、ルーラ新大統領など多くの人々から追悼され、翌日には新聞の一面に取り上げられた。 60年から70年代に誕生した国民的アーティストの天国への旅立ちやミルトンのステージ引退は、MPB(ブラジルポピュラー音楽)の黄金期が幕を閉じる日が近づいていると感じさせる。 そもそも、MPBは音楽の多様化により後継者が現れず、アーティストは高齢化していく一方だ。 新しいもの好きのブラジル人は、欧米の音楽を吸収しながらブラジル流に音楽を作り上げ、インターネットで音楽が聴けるようになってからは地方独自の音楽も全国的に聴かれるようになっていった。また、MPBの次世代としてNova MPB(新しいMPB)と呼ばれるアーティストも登場したが、時代の流れと共に従来のMPBよりかなりモダン化している。 それではMPBはこのまま終わってしまうのだろうか。 ===== |新世代アーティストたちとのコラボレーション 近年、音楽の多様化と共にアーティストも増え、ブラジルでも「国民的アーティスト」という言葉にあてはまる人物があまり出てこなくなったように感じる。つまり、リスナーにも様々なグループができたということだ。更に、この様々なグループで頂点になるようなアーティストは、次々にブラジル国外に進出し注目を集めている。そんな若い世代のアーティストにとってMPBは自分の両親が聴いていた音楽とも考えられるのだが、彼らは自分の親世代のMPBアーティストたちと率先してコラボレーションを行っている。 ストリーミングサービスSpotifyは先月から、この80歳を迎えた4人のアーティストの代表作を若い世代の人気ミュージシャンたちが独自に再アレンジする企画を設け、スペシャルプレイリスト「Atemporais」を発表した。このプレイリストのタイトル名は「世代を越えて」という意味合いがある。 パウリスタ大通りにあるプレイリスト「Atemporais」の宣伝(photo by Aika Shimada) 最初にカエターノ・ヴェローゾの楽曲が披露され、今ブラジルで人気上昇中の音楽ピゼイロ(別名ピザジーニャ)の女性ナンバーワンといわれるマリ・フェルナンデスと、他にはない声の持ち主で2021年に話題を呼んだマリーナ・セーナがカバーした。 ミルトン・ナシメントのカバーには今ヒップホップ界で最も注目されるジョンガと、スラム街にてMCビヨンセというステージ名で活動を開始し今ではラテングラミー賞を受賞するまで上り詰めたルジミーラ。ジョンガは原曲とは全く違うが今の若者に人気のあるアレンジ、ルジミーラも原曲よりポップにしながらも難しいミルトンの楽曲で力強い声を披露している。 サンバ界の貴公子パウリーニョ・ダ・ヴィオラの作品は2人の人気ラッパーが登場。元教師でヒップホップ以外にサンバのアルバム制作経験もあるクリオーロと、ネットフリックスのドキュメンタリー『アマレーロ 過ぎゆく時の中で』で世界的にも名が知られるようになった天才ラッパーのエミシーダである。 そしてジル・ベルトジルの作品にはリアリティショーの出演で有名になったアーティストのリン・ダ・ケブラーダ、欧米の巨大フェスにも登場し熱狂的なルーラ新大統領支持者として知られるパブロ・ヴィタールである。リンとパブロはブラジルのLGBT+の代表的なアーティストでもある。 この企画以外にも、ブラジルの音楽界は普段からジャンルや世代を超えたコラボレーションが多い。 今月発表されたラテングラミーでMPB最優秀アルバム賞に輝いたリニケルも、同アルバムのゲストにミルトン・ナシメントを呼んでいる。 もちろん若い世代が大御所を呼ぶだけではない。ミルトンは最後のツアーのサブ・ヴォーカルに売り出し中の若手歌手ゼー・イバーハを呼び、全面的に応援している。カエターノに関しては常に若いアーティストと共同制作を行い、そのサウンドまで自分の世界に取り入れてしまう。 こうして若い世代は自分の両親が聴いていた世代のアーティストを知り、60年代、70年代ののMPBファンは新たなアーティストや流行している音楽を聴く機会となっている。 私が知っている限りでは、こういった世代とジャンルを超えたコラボレーションは日本ではあまり聞かないので、非常に新鮮だ。 |ブラジル音楽の面白さとは 残念ながら、日本にはボサノヴァからMPB以降のブラジル音楽があまり積極的に紹介されていない。 確かにMPB黄金期のような、前面的に「ブラジルだ!」と感じるような作品が少なくなっていることは間違いない。近年ブラジルで流行している音楽は、アメリカの最新ポップスやスペイン語圏の音楽(主にレゲトン)の影響を強く受けていると感じる。構成、メロディ、コードなど、かつての楽曲の方が音楽的に興味深いのも確かだ。一方で地方特有の面白さをもつセルタネージョ・ウニヴェルシターリオやピゼイロ、ファンキは国内でこそ人気があるものの、国外では過小評価されている。 19世紀以降のブラジル音楽史を見ると本国でのボサノヴァ流行はたったの4年程度というように、ブラジル音楽が変化/進化するスピードは早い。 それはブラジル人の吸収の速さや少々ミーハーなところも関係しているだろうが、ブラジルの地方文化の強さや、国が独立してから政権も目まぐるしく変化している歴史も関係しているだろう。 特に軍事政権時代から政治と音楽の関わりは強く、前回の記事に書いたような政治運動ソングがあっという間にランキングを埋め尽くしてしまう。 そしてポルトガル語で歌われる歌詞は人々の生活に常に密着しており、細部にブラジリダージ(ブラジル人の気質)が現れている。 ブラジル音楽が面白いのはこういった日常の変化と関係しているところなのだ。 しかし、海外進出となると最初に問題になるのは言葉の壁である。 世界の母語人口をみても、ポルトガル語は英語とスペイン語には敵わない。ラテングラミー賞の受賞者も、やはりスペイン語圏のアーティストが有利になっており、本年度のブラジル人アーティストの受賞はポルトガル語やブラジル音楽に関連するカテゴリーのみとなった。世界進出を果たしたアニッタも積極的に英語とスペイン語の楽曲をリリースしている。 楽曲がサンバ、ボサノヴァのように一聴してすぐにブラジル音楽だとわかりにくくなってからは、音のインパクトだけで評価がされてしまいがちだが、最近ではブラジルのアーティストもビデオクリップやインタビューに英語字幕をつけるなど試みはあるようだ。翻訳サイトも充実しているので、なんとなく意味を理解することもできるだろう。 日本にも数は少ないが個人サイトで現行ブラジル音楽の面白さを解説している人たちもいる。 正直、私も60年代と70年代のブラジル音楽が大好きで、最近のブラジル音楽に偏見を持っていた一人だったが、聴いてみたら素晴らしいアーティストと作品があふれていることに気が付いた。ブラジルの現状をよく現わしており、社会に訴えかける部分なんかは、MPB黄金期のスタイルを受け継いでいる。もしかすると、ブラジルに関連するニュースを見るだけでも、楽曲の理解度が増すかもしれない。このバトンタッチをポジティブに考えてみてほしい。 最後に、今回ラテングラミーでMPB最優秀アルバムに輝いたリニケルのアルバムから「Vitoriosa」のライブバージョンを紹介したい。聴く人を包み込むようなリニケルの豊かな声に、オーケストラアレンジされたサンバがダイナミックで聴きごたえ抜群だ。 リニケルは同部門で初めて最優秀賞に選ばれたトランスジェンダーの女性である。 【関連記事】放送20年!ブラジルのリアリティーショーが人気であり続ける理由僕らはボサノヴァが歌われた「あの頃」をしらない

Read More 

Generated by Feedzy
タイトルとURLをコピーしました